NW-A40におすすめ!AirPodsみたいな、WF-1000X

先日のIMFSONYから新型のWALKMANとなるNW-ZX300、NW-A40シリーズ、そしてノイキャンヘッドホンシリーズとなる1000Xシリーズの新作を発表しました。

一応全ての概要を話しておくと、NW-ZX300は2015年発売のZX100の後継機種であり、WM1などとならぶ上位機種の位置付けです。

一方NW-A40シリーズは昨年発売のA30シリーズの後継機種であり、正統進化というよりかはA30にいくつか機能を追加したという形になります。

そしてノイキャンヘッドホン新シリーズとなる1000Xシリーズは現行MDR-1000Xの進化版となるMDR-1000XM2、ネックバンド型イヤホンのWI-1000X、それに左右独立型のWF-1000Xの3種類が展開されます。

いずれの製品も10月7日発売開始予定となっています。

 

前回のA40シリーズに続き、今回はSONY初となる左右完全独立型イヤホン、WF-1000Xについて書きたいと思います。

kuha209-36.hatenablog.com

AirPodsを意識?

 

f:id:Chan209-36:20170908210732j:plain

左右独立型のイヤホンと言えば有名なのがAppleAirPods

WF-1000XはAirPodsのようにケーブルレスの無線(Bluetooth)イヤホンで、従来のワイヤレスヘッドセットのように扱うことが可能です。

「OK Google」などを使用した音声アシスタントの利用も可能で、各機能の切り替えも本体のボタンで簡単に操作できます。

デザインの面ではAirPodsの白一色などというわけではなく、すでに発売済みのMDR-1000Xに合わせたカラーである上品なシャンパンゴールドと落ち着いたブラックの2色となります。

個人的には高級感があるシャンパンゴールドの方がおすすめですかね。

ブラックは落ち着いているものの他のヘッドセットとデザインが似ていることもあり、いまいち色映えしない印象が...。

一方で形もAirPodsのようにスピーカー部からマイク部が飛び出していることはなく、全体的に楕円形に収まっています。

最大の売りはやっぱり「ノイズキャンセリング

f:id:Chan209-36:20170908211330j:plain

SONYのイヤホン・ヘッドホンといえば「ノイズキャンセリング機能」。

左右独立型のイヤホンとなれば耳栓代わりに使用することも可能となり、更に快適な環境で音楽を聞くことが可能です。

「業界最高」と吟われてるだけあって、左右独立型ながらもハイレベルなノイズキャンセリングを味わえるのがWF-1000Xのおいしいところです。

ちなみにこのWF-1000X含む1000Xシリーズは独自の外音取り込み機能をサポートしています。

比較的装着してる時間が長いと思われるこの左右独立型イヤホンにとってはかなりうれしい機能ですね。

音質は(SONYの中では)中程度?

f:id:Chan209-36:20170908212230p:plain

このWF-1000Xは今回発売される1000Xシリーズにして唯一ハイレゾ音源の再生に対応していません。

またBluetoothプロファイルも高音質規格であるLDACには対応せず、SBC・AACに留まっています。

 とはいえ最高クラスのノイズキャンセリング機能にSONYの技術を生かしたスピーカーであれば、音質はそこまで気にならないとは思いますが。

ちなみに専用アプリの「Headphones Connect 」に対応していて、イコライザなどのサウンドエフェクト機能も利用することが可能です。

さすがのSONYだけあって、機能性は抜群か

f:id:Chan209-36:20170908211531j:plain

このようにSONYならではの機能や技術を込めたWF-1000Xですが、本体細部や専用ケースなどにも独自の工夫が凝らされています。

例えば本体バッテリー継続時間。

ノイズキャンセリング機能有効時には電池をかなり消耗するため、8時間程度しか持続しないものの無効時には35時間程度も持続します。

これはライバルであるAirPodsのバッテリー持続時間の24時間よりも10時間以上も長く、SONYが培ってきた省電力&バッテリーの技術をフルに生かしていることが伺えます。

またBluetoothの面ではケースから取り出すだけでペアリング済みの機器と接続可能などと利便性が考えられています。

一方専用ケースにはNFC機能が搭載されており、本体をケースに収納してNFC対応スマートフォンとかざすことで簡単にペアリングが可能です。

もちろんNFCAirPodsには搭載されておらず、独自の機能といえます。

まとめ

f:id:Chan209-36:20170908211416j:plain

SONY初となる左右独立型イヤホンであり、AirPodsが8割を占めているといわれる左右独立型イヤホンの市場をいかにして切り開けるか目が離せません。

お値段は24480円(税抜、ソニーストア価格)とかなりお高いもののそれなりの技術が詰まっているのは間違いがなく、買っても後悔することはないと思います。

ただ実際に商品を見てみないと何とも言えないところあり、ぜひ発売されたら試聴してみたいところです。

 

今回の1000Xシリーズは正直どれも欲しいけど高いのが悩みどころ...

関連サイト

www.sony.jp