NW-A40という新型WALKMAN

先日のIMFSONYから新型のWALKMANとなるNW-ZX300、NW-A40シリーズ、そしてノイキャンヘッドホンシリーズとなる1000Xシリーズの新作が発表されました。

一応全ての概要を話しておくと、NW-ZX300は2015年発売のZX100の後継機種であり、WM1などとならぶ上位機種の位置付けです。

一方NW-A40シリーズは昨年発売のA30シリーズの後継機種であり、正統進化というよりかはA30にいくつか機能を追加したという形になります。

そしてノイキャンヘッドホン新シリーズとなる1000Xシリーズは現行MDR-1000Xの進化版となるMDR-1000XM2、ネックバンド型イヤホンのWI-1000X、それに左右独立型のWF-1000Xの3種類が展開されます。

いずれの製品も10月7日発売開始予定となっています。

 

というわけで今日はA30シリーズの進化版、A40シリーズについて書こうと思います。

kuha209-36.hatenablog.com

A30シリーズと大差ない?

f:id:Chan209-36:20170905184130j:plain

A30シリーズはハイレゾ対応WALKMANシリーズのエントリーモデルとして、従来のA20シリーズとは一線を画す形で発売されました。

それまでのハードキーに小型の液晶というデザインが定着化していたものを一新し、3.1型タッチパネルを搭載し音楽再生以外の機能を省いたものとなりました。

今回新たに発表されたA40シリーズはA30シリーズと(表面上の)ハードウェアの変更はなく、USBDAC機能追加やMQAファイルへの新規対応といった若干の機能追加に留まっています。

このように目新しい進化はしてないものの、個人的に気になるポイントが2つあります。

個人的に気になる1・付属イヤホン

f:id:Chan209-36:20170905184047j:plain

WALKMANシリーズにはほぼ必ずといって良いほどイヤホンが付属しています。

もちろんA30シリーズやA40シリーズも例外ではなくイヤホンが付属しているのですが(付属していないものもあります)、このイヤホンがA30シリーズとA40シリーズでは異なっています。

A30シリーズに付属しているイヤホンはMDR-NW750Nというモデルで、XPERIA Z5と同世代のイヤホンです。

SONYお馴染みのノイズキャンセリング機能を搭載している他、ハイレゾ音源にも対応していてハイレゾ音源対応イヤホンのエントリークラスとしてA30シリーズに付属していました。

一方でA40シリーズには新たにLER-NW500Nというイヤホンが付属品となります。

このイヤホンはMDR-NW750Nと同等の機能の他、新たに外音取り込み機能というものが追加されています。

この機能は既にノイキャンヘッドホン、MDR-1000Xに搭載されている「ノイズキャンセリング時に外音をマイクから取り込む」機能です。

すでにMDR-1000Xでこの機能を使っている身としてはかなり気になります。

というのもこの機能があるということはイヤホンの密閉度が上がったということであり、また(個人的な感想ですが)NW750Nでのノイキャン使用時のシャリシャリ感が改善されたということでしょうか。

MDR-1000Xのようにヘッドホン(イヤホン)本体側で操作するのではなく、A40に組み込みの機能のようですので他機器では取り込み機能が使えないというのが残念なところです。

個人的に気になる2・USB-DAC機能

f:id:Chan209-36:20170905183945j:plain

USB-DAC機能はA30シリーズから搭載され、対応する機器に対する出力は可能となっていたものの、A40シリーズからはPCに対するUSB-DAC機能が追加されました。

この機能は音声をUSB(wmport)端子から入出力する機能、というものなのですが今回のPC対応によりPCでハイレゾ音源再生→WALKMANにUSB-DAC出力→ハイレゾ音源を劣化させずに音声を聞くということが可能になります。

ノートパソコンなどで音楽を聞こうと思ったときになどに重宝するかと思われるこの機能、(おそらく)アップサンプリングして聞くことも可能でYoutubeなどの動画も高音質で聞くことが可能になります。

※9/5追記 音楽再生のみ可能なようです...

今まではパソコンの音声機能強化となるとサウンドカードの追加やUSB-DAC機器を買う必要がありましたが、これにより安価にパソコンのサウンドの強化を行うことができるようになります。

どの程度強化されるのか分かりませんが、ノートパソコンなどのサウンド強化には重宝されそうです。

A50シリーズはモデルチェンジか?

f:id:Chan209-36:20170905184320j:plain

かつてWi-Fiを搭載していたFシリーズ

さてここまでA40シリーズの新機能について目を向けて来ましたが、ここでまだ発表すらされていない、この次の新機種(仮にA50シリーズとします)にも注目してみます。

WALKMANの開発者インタビューが掲載されているこちらの記事ではこのように次の新機種について触れられています。

(前略) Wi-Fi機能の搭載やストリーミング音源への対応は「今後、ウォークマンが取り組むべき課題として捉えている」

 確かにネットが発達しストリーミングで音楽を聞くことも主流になった今、Wi-Fi機能への対応は重要なのかもしれません。

そしてもし次のA50シリーズで追加されるとしたら、A30シリーズにも劣らない大きなモデルチェンジをするのだろうと思っています。

SONYが培ってきた高音質技術、そしてそれがストリーミング対応であれば内蔵ストレージの容量を気にせずにその恩恵を受けることができるようになり、WALKMANはますますポータブルオーディオプレーヤーの地位を確立していくでしょう。

おわりに

f:id:Chan209-36:20170905184512j:plain

今回発表されたA40シリーズはA30シリーズを持っているユーザーからすれば特に需要がないとはいえ、それ以前の機器からの乗り換えは十分ありだと思います。

カラーバリエーションもA30シリーズとは少し違うラインとなり、SONYも明確にA30シリーズ以前のユーザーをターゲットにしているのが伺えます。

また自分みたいな物好きなSONYファンにしてみれば惹かれるポイントがあり、ぜひ発売されたら購入したいなと思っています。

店頭予想価格は16GBイヤホン付属が29000円前後、付属しないものが22000円前後とされていてA30シリーズと大差がない価格設定となっています。

いろいろな方に薦めたい製品となっているので、気になった方はぜひ!

 

それと同時発売のイヤホン・ヘッドホンもすごい気になりますねぇ...

関連サイト

www.sony.jp

www.itmedia.co.jp

 

※「ノイキャン」はSONYの「ノイズキャンセリング」の略称です。