Windows Essentials 2012 サポート終了 = ムービーメーカーはどうなる?!

昨日Windows10 Build 15002が公開されました。

当ブログでも変更点等を取り扱いますが、いかんせん今回のアップデートは変更点が多いため更新は明日行います・・・。

というわけで本日は別の話題を。

 

<Today's Contents>

 

Windows Essentials 2012 サポート終了に

f:id:Chan209-36:20170112012811p:plain

Windows Essentialsと聞くとあまり聞きなれませんが、「Windows Liveメール」「Windowsムービーメーカー」と聞くとあぁとなる方も多いのではないのでしょうか。

Windows Essentialsは前述のソフトのほか、「OneDrive」「フォトギャラリー」といったメディア関係のソフトを多く詰め込んだものとして2012年にリリースされました。

Windows7/8/8.1/10に対応し、特にWindows Live メールはWindows8でメールアプリが登場するまで唯一のメールPOP対応メールソフトとなっていたため利用されていた方はかなりいたと思われます。

とはいえWindows8/8.1/10では「メール」「OneDrive」といったアプリの登場により徐々に影を薄くしていったこともあり、昨年9月にサポート終了が発表され、今月10日ついにサポート終了となりました。

 サポート終了でどうなるのか

OSのサポート同様、今後は一切のアップデート・修正プログラムを受けられなくなりセキュリティ上の危険が増加します。

またWindows Essentials 2012のダウンロードは既に終了しており、今後一切ダウンロードをすることが出来なくなっています。

早めの別ソフトへの乗り換えをお勧めします。

代替となる機能は?

ソフトウェア別にご紹介します。

Windows8に関しては既にサポートが終了しているため8.1とまとめてご紹介します。

Windows Live メール」

Windows Liveメールに関しては既に一部のプロトコルに対応できなくなっているため、もし現在ご利用中であれば早めの変更をお勧めします。

またメールソフトである以上、セキュリティリスクが高まるのはまずいですからね。

Windows7でご利用の方

Microsoft公式のメールソフトがないため他社有料ソフトやフリーソフト、またはブラウザ上でのメール管理をお勧めします。

Windows8.1/10でご利用の方

f:id:Chan209-36:20170112021248p:plain

→組み込みアプリとして「メール」アプリが提供されているのでそちらをご利用されることをお勧めします。

「OneDrive」

Microsoftクラウドである「OneDrive」、こちらもセキュリティ上早めに乗り換えておきたいですね。

Windows7でご利用の方

→現行このソフト以外は純正ツールがありませんので、ブラウザ上で確認を行うことをお勧めします。

Windows8.1/10でご利用の方

f:id:Chan209-36:20170112021821p:plain

→8.1以降のOSではOneDriveは組み込みの機能となっていますので、特にアプリ・ソフトを入れる必要はありません。

ただ、一応ストアにて公式の「OneDrive」アプリが公開されていますので気になる方はそちらを利用されてみてはいかがでしょうか?

「フォトギャラリー」

基本的には今すぐ変える必要はないと思います・・・。

Windows7でご利用の場合

→標準でフォトビュアーがあるため画像の表示はそちらで、編集はペイント等で行えます。

フリーソフトでも様々な機能を持ったものがありますので、そちらも検討されてはいかがでしょうか?

Windows8.1/10でご利用の方

→高機能な「フォト」アプリがOSに組み込まれているのでそちらを利用するといいかと思います。

Windows Live Writer」

このソフトのみ単独で引き続きサポートが続けられますので、別途インストールすることをお勧めします。

ダウンロードはこちら

「ファミリーセーフティ」

正直なところどんな機能だったかちゃんと覚えていませんが、セキュリティソフト等の方がより強固なため乗り換え等を検討されてみればいかがでしょうか。

Windows7でご利用の場合

→前述のようにセキュリティソフト等の機能を利用することをお勧めします。

Windows8.1/10でご利用の方

→他のソフト同様、OS組み込みの機能としてありますのでそちらをご利用されることをお勧めします。

「ムービメーカー」

このソフトにはお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

簡易な編集ソフトとしてはそこそこ使いやすいですよね。

こちらも今すぐに変更する必要はないと思われますが、機会があればフリーソフト等に変えてみるのも一つの手ですね。

Windows7/8.1でご利用の場合

→現時点で公式の編集ソフトはムービーメーカーのみのため、引き続き利用されてもそこまで問題ないと思います。

気になる方はフリーソフト等を検討してみてはいかがでしょうか。

Windows10でご利用の方

→公式サイトにて「ムービーメーカー」アプリが登場することが発表されています。

どのようなものになるかまだ分かりませんが、登場しだい変更されてみては良いのではないでしょうか。

まとめ

Windows Live メール以外は基本的に早急に変更する必要はないと思います。

徐々にデスクトップアプリの開発が終了し、順次UWPアプリに移行していっていますがそうするとWindows7の肩身が狭くなりますね・・・。

なお、Windows Essentials 2012サポート終了に関して詳しくは下記公式サイトをご覧ください。

Windows Essentials 2012 リリース ノート

 

本日の記事はここまでです。

お読みいただきありがとうございました。

 

pckaden.blogmura.com