MENU

NW-A40という新型WALKMAN

先日のIMFSONYから新型のWALKMANとなるNW-ZX300、NW-A40シリーズ、そしてノイキャンヘッドホンシリーズとなる1000Xシリーズの新作が発表されました。

一応全ての概要を話しておくと、NW-ZX300は2015年発売のZX100の後継機種であり、WM1などとならぶ上位機種の位置付けです。

一方NW-A40シリーズは昨年発売のA30シリーズの後継機種であり、正統進化というよりかはA30にいくつか機能を追加したという形になります。

そしてノイキャンヘッドホン新シリーズとなる1000Xシリーズは現行MDR-1000Xの進化版となるMDR-1000XM2、ネックバンド型イヤホンのWI-1000X、それに左右独立型のWF-1000Xの3種類が展開されます。

いずれの製品も10月7日発売開始予定となっています。

 

というわけで今日はA30シリーズの進化版、A40シリーズについて書こうと思います。

kuha209-36.hatenablog.com

A30シリーズと大差ない?

f:id:Chan209-36:20170905184130j:plain

A30シリーズはハイレゾ対応WALKMANシリーズのエントリーモデルとして、従来のA20シリーズとは一線を画す形で発売されました。

それまでのハードキーに小型の液晶というデザインが定着化していたものを一新し、3.1型タッチパネルを搭載し音楽再生以外の機能を省いたものとなりました。

今回新たに発表されたA40シリーズはA30シリーズと(表面上の)ハードウェアの変更はなく、USBDAC機能追加やMQAファイルへの新規対応といった若干の機能追加に留まっています。

このように目新しい進化はしてないものの、個人的に気になるポイントが2つあります。

個人的に気になる1・付属イヤホン

f:id:Chan209-36:20170905184047j:plain

WALKMANシリーズにはほぼ必ずといって良いほどイヤホンが付属しています。

もちろんA30シリーズやA40シリーズも例外ではなくイヤホンが付属しているのですが(付属していないものもあります)、このイヤホンがA30シリーズとA40シリーズでは異なっています。

A30シリーズに付属しているイヤホンはMDR-NW750Nというモデルで、XPERIA Z5と同世代のイヤホンです。

SONYお馴染みのノイズキャンセリング機能を搭載している他、ハイレゾ音源にも対応していてハイレゾ音源対応イヤホンのエントリークラスとしてA30シリーズに付属していました。

一方でA40シリーズには新たにLER-NW500Nというイヤホンが付属品となります。

このイヤホンはMDR-NW750Nと同等の機能の他、新たに外音取り込み機能というものが追加されています。

この機能は既にノイキャンヘッドホン、MDR-1000Xに搭載されている「ノイズキャンセリング時に外音をマイクから取り込む」機能です。

すでにMDR-1000Xでこの機能を使っている身としてはかなり気になります。

というのもこの機能があるということはイヤホンの密閉度が上がったということであり、また(個人的な感想ですが)NW750Nでのノイキャン使用時のシャリシャリ感が改善されたということでしょうか。

MDR-1000Xのようにヘッドホン(イヤホン)本体側で操作するのではなく、A40に組み込みの機能のようですので他機器では取り込み機能が使えないというのが残念なところです。

個人的に気になる2・USB-DAC機能

f:id:Chan209-36:20170905183945j:plain

USB-DAC機能はA30シリーズから搭載され、対応する機器に対する出力は可能となっていたものの、A40シリーズからはPCに対するUSB-DAC機能が追加されました。

この機能は音声をUSB(wmport)端子から入出力する機能、というものなのですが今回のPC対応によりPCでハイレゾ音源再生→WALKMANにUSB-DAC出力→ハイレゾ音源を劣化させずに音声を聞くということが可能になります。

ノートパソコンなどで音楽を聞こうと思ったときになどに重宝するかと思われるこの機能、(おそらく)アップサンプリングして聞くことも可能でYoutubeなどの動画も高音質で聞くことが可能になります。

※9/5追記 音楽再生のみ可能なようです...

今まではパソコンの音声機能強化となるとサウンドカードの追加やUSB-DAC機器を買う必要がありましたが、これにより安価にパソコンのサウンドの強化を行うことができるようになります。

どの程度強化されるのか分かりませんが、ノートパソコンなどのサウンド強化には重宝されそうです。

A50シリーズはモデルチェンジか?

f:id:Chan209-36:20170905184320j:plain

かつてWi-Fiを搭載していたFシリーズ

さてここまでA40シリーズの新機能について目を向けて来ましたが、ここでまだ発表すらされていない、この次の新機種(仮にA50シリーズとします)にも注目してみます。

WALKMANの開発者インタビューが掲載されているこちらの記事ではこのように次の新機種について触れられています。

(前略) Wi-Fi機能の搭載やストリーミング音源への対応は「今後、ウォークマンが取り組むべき課題として捉えている」

 確かにネットが発達しストリーミングで音楽を聞くことも主流になった今、Wi-Fi機能への対応は重要なのかもしれません。

そしてもし次のA50シリーズで追加されるとしたら、A30シリーズにも劣らない大きなモデルチェンジをするのだろうと思っています。

SONYが培ってきた高音質技術、そしてそれがストリーミング対応であれば内蔵ストレージの容量を気にせずにその恩恵を受けることができるようになり、WALKMANはますますポータブルオーディオプレーヤーの地位を確立していくでしょう。

おわりに

f:id:Chan209-36:20170905184512j:plain

今回発表されたA40シリーズはA30シリーズを持っているユーザーからすれば特に需要がないとはいえ、それ以前の機器からの乗り換えは十分ありだと思います。

カラーバリエーションもA30シリーズとは少し違うラインとなり、SONYも明確にA30シリーズ以前のユーザーをターゲットにしているのが伺えます。

また自分みたいな物好きなSONYファンにしてみれば惹かれるポイントがあり、ぜひ発売されたら購入したいなと思っています。

店頭予想価格は16GBイヤホン付属が29000円前後、付属しないものが22000円前後とされていてA30シリーズと大差がない価格設定となっています。

いろいろな方に薦めたい製品となっているので、気になった方はぜひ!

 

それと同時発売のイヤホン・ヘッドホンもすごい気になりますねぇ...

関連サイト

www.sony.jp

www.itmedia.co.jp

 

※「ノイキャン」はSONYの「ノイズキャンセリング」の略称です。

結局はてなブログはどうなのか

お久しぶりです。

大体半年ぶりぐらいに更新しますね。

久しぶりにはてなブログに戻ってきましたがやっぱり他のブログサービスよりも使いやすいなと。

検索エンジンでも上位に出るようで今も多くの方にアクセスいただいています。。。

というわけでここ最近のお話を少々しようかと。

 

<もくじ>

 

はてなブログってどうなの?

f:id:Chan209-36:20170904020203p:plain

いろんなブログで触れられているような「収益性」云々については触れません。

いかんせん無料版はてなブログ使っているので収益も何もあまりないので。

それに自分は「Yahoo!ブログ」とこの「はてなブログ」(のほかにもかじったりはしましたが)しか使用していないため、かなり偏見があると思いますがご承知おきを。

つまるところ自分が触れるのは「書きやすさ」と「カスタマイズ性」。

「書きやすさ」という面からみていくとはてなブログは随分書きやすいと思います。

編集方法も「見たまま」「はてな」「Markdown」「HTML」とかなり豊富です。

自分は楽なので見たままか、少し細かめの設定をするときはHTMLというように使い分けています。

次に「カスタマイズ性」。

これははてなブログはかなり優秀だと思います。

基本的なテーマ機能をベースにHTML、CSSJavascriptといった言語を用いたより詳細なカスタマイズができます。

無料版では原則PC表示しかいじれないもののPro版ではスマホ表示もより細かい編集が可能に。

このカスタマイズ性の豊富さにはYahoo!ブログから乗り換えた自分には衝撃的でした...

 

何が言いたいんだYo

(古いとか言わない)

自分はこのカスタマイズ性のしやすさにかなりはまってしまい、ブログ離れを一時的に起こしたわけです。

様々なテーマが公開されている、コードでより細かいカスタマイズが可能ときたら誰だってはまってしまいますよ...

(お前だけだとか言わない)

というわけでこれからはカスタマイズはほどほどに、気楽に更新していこうと思います。

それとコメントで「スマホ表示対応させて」というご意見をいただいてたので対応させたわけですが、Pro版じゃないと細かいカスタマイズができないようなので近いうちにPro版にしようかなと思っています。

したがってURL変更を行うことになると思いますので、その際はよろしくおねがいします。

 

そしてこれからもこのブログをどうぞよろしくお願いします。

あの「プチプチ」がGoogle日本語入力として登場?!

ついに新年度、2017年度が始まりましたね。

ソフト紹介が続いていますが、今日はとある製品のご紹介です。

 

勘がいい人は最初の数行で気づいてしまうかもしれません?笑

 

<Today's Contents>

  • Googleのホームページに...
  • あの「プチプチ」がキーボードに?!
    • どんな仕組みなんだ?
    • インテリアとしても
    • プチプチは何でも使えるの?
    • 細かい仕様とお値段は?
    • 発売日は?
    • 更に詳しい情報はこちら!
  • まとめ

 

Googleのホームページに...

f:id:Chan209-36:20170401020444p:plain

Google 日本語入力プチプチバーション」

4/1、日付が変わってから調べ物をしているとGoogleのホームページの下の方に何やら気になる文章が。

「ん?なんだこれ?」

そう思ってクリックしてみると、Google日本語入力のページに飛ぶのでした…

あの「プチプチ」がキーボードに?!

※ここから先はネタバレ要素を含みます。

 ネタバレしたくない方は先にGoogleのホームページへからどうぞ。

f:id:Chan209-36:20170401021039j:plain

梱包によく使う、あの「プチプチ」

そうです、なんとGoogle日本語入力があの「プチプチ」でも利用できるようになったんです。

公式の紹介ページ曰く

「空気のように、軽やかな入力。」
無機質なキーボードやつるつる滑るだけの味気ないタッチスクリーンとはもうサヨナラです。Google 日本語入力 プチプチバージョンは、従来のデバイスにはない手触りを追求して究極のユーザー体験を実現しました。

 というわけだそうです。

なんかすごいものが出てきましたね…

では、もう少し詳しく掘り下げていきましょうか。

どんな仕組みなんだ?

f:id:Chan209-36:20170401021650p:plain

対応するプチプチを機械に通すとキーボードとして利用できるようになる

やはり一番気になるのはそこですよね。

ただのプチプチがどのようにしてキーボードとしてなるのか。

マークシート」をイメージするとわかりやすいかもしれません。

対応するプチプチの対応するキーボードの部分を潰し(「け」と打ちたければキーボードでいうところの「K」と「E」の部分にあるプチプチを潰す)、専用の機械に通すと見事入力されます。

しかもローマ字入力に限らず、点字風入力やUTF-5風の入力ができるのもあのプチプチだからこそできることですね。

現在普及しているのは固いキーを持つキーボードですが、柔らかいプチプチのキーボードが今後の主流にもなりそうな気がします。

インテリアとしても

写真のように透明なプチプチはインテリアとしても活用することができ、シンプルだからこそ味わえる独特の雰囲気を醸し出します。

ただ一つだけ気に入らない点があるとすれば、専用の機械の柄ですかね...

木目調といったような柄が出ることに期待しましょう。

プチプチは何でも使えるの?

f:id:Chan209-36:20170401024105j:plain

カラーバリエーションや入力形式は様々

残念ながら、どのプチプチでもというわけにはいかなそうです。

対応する専用のプチプチも同時に発売されるようで、こちらでないとキーボードにはならないようです。

現在のところキーボードとなるプチプチは一色しか発表されていませんが、公式ページでは様々なカラーバリエーション、入力形式に対応したプチプチを開発している旨の表記がなされており、今後にの発表に期待ができそうです。

細かい仕様とお値段は?

気になる値段の前に、先に細かい仕様を確認してみます。

f:id:Chan209-36:20170401023202p:plain

公式ホームページより

どうやら2種類のモデルが出るようです。

f:id:Chan209-36:20170401023855j:plain

こちらが携帯可能なハンディタイプ

先にご紹介したものは一般的な「スタンダードタイプ」のようで、これとは別に携帯可能な「ハンディタイプ」もあるようです。

どちらも接続はUSBと一般的なキーボードと変わらない使用が可能です。

ハンディタイプは厚みが5cm以下とカバンに入れてもがさばらないサイズなのがうれしいですね。

 

さて気になるお値段なのですが、今のところ発表はされていません。

しかし内部構造も単純なようで、一般的なキーボードよりも少し高めの4000円程度といったところになるのではないでしょうか。

発売日は?

こちらも今のところ発表はされていません。

市場調査の結果を踏まえて判断するようです。

こんな斬新なキーボード、予約が殺到しそうですが…

続報に期待ですね。

更に詳しい情報はこちら!

公式ホームページでは製品のプロモーションビデオも公開されており、より詳しい説明がなされています。

開発に至った背景なども公開されていますから、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


Google 日本語入力プチプチバージョン

公式ホームページやブログでは簡単な紹介が載せられていますので、こちらもぜひご覧ください。

landing.google.co.jp

japan.googleblog.com

まとめ

さすがはあのGoogle、やることが違いますね。

これまで様々なキーボードをGoogleは発表してきましたが、まさかプチプチがキーボードになる日が来るとは...

開発には80%の窒素と20%の酸素が含まれているようで、ぜひ発売されたら購入してみたい一品です。

皆様もこんな変わったキーボードですがこれからのスタンダードになり得る製品ですから購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

※この記事内での画像は特に記載がない限り公式ホームページから引用させていただいています。

※「プチプチ」は川上産業株式会社の商品名称です。

 

pckaden.blogmura.com

 

(この記事には追記があります。)

続きを読む

おしゃれなタスクバーランチャーアプリケーション「ExtraMenu」紹介!

2日連続してソフトの紹介です。

今回は自作したものではなく、ちょっとおもしろいソフトを見つけたので紹介します!

 

<Today's Contents>

 

どんなソフト?

f:id:Chan209-36:20170330221958p:plain

※公開元ページより

ランチャーアプリケーションは数多くありますが、この「ExtraMenu」はタスクバーのアイコンをクリックするとランチャーが表示されるというものです。

f:id:Chan209-36:20170330222226p:plain

タスクバーの正方形のアイコンをクリックするとランチャーが表示される

ランチャーには任意のショートカットやフォルダー、実行ファイルが貼り付けられ、ドラッグアンドドロップで簡単に配置が可能です。

表示はWin8/10のスタートメニューに似たアプリ風となっており、ランチャーのベースとなる色も多数用意されています。

f:id:Chan209-36:20170330230647p:plain

基本的には表示された後、他のウィンドウをアクティブにすると消えますが、上部の「メニューを...」をクリックすることで表示が消えないようにすることも可能です。

常駐型のソフトですが動作は軽く、ランチャーの色や透明度を細かく設定することも可能なのでおすすめのランチャーソフトです。

こんな人におすすめ!

・タスクバーにアイコンを多数並べてたいが、きれいにまとめておきたいという場合

・スタートメニューを開いてソフトを探すのが面倒な場合

ランチャーソフトなので好みはあると思いますが、自分はタスクバーを左に配置していることでアイコンがすぐにあふれてしまうので重宝しています。

ダウンロード&仕様

f:id:Chan209-36:20170329225618p:plain

ダウンロードや更に詳しい説明はこちらからお願いします。

開発者が日本人ということもあり、安心して利用できますね。

gootara.org

仕様

作成者:ぐーたら本舗

ソフトバージョン:1.0.0.9 (記事公開時点)

対応OS:Windows7以降 32/64bit

※詳しい仕様はダウンロード先に記載されています。

 

なかなか便利なソフトなのですが、レビュー記事がどこにもないんですよね。

というわけで今回紹介させていただきました。

今後もコアなフリーソフトがあったら紹介していきます。

 

pckaden.blogmura.com

パソコンの「製造元表示」を変更しちゃう?、「OEMデータ 編集ツール」公開

また1か月以上ぶりの更新となってしまいました...

今後は書きだめしてできる限り定期的な更新ができるよう努力します...

基本的に1か月以上更新してなくても何もお知らせしない限り更新する気は(一応)あるので気長に待っていただければ幸いです。

 

と、いうわけで今日は久々の自作ソフト公開です。

鉄道から離れ、ユーティリティー的なソフトですが。

 

<Today's Contents>

 

どんなソフト?

f:id:Chan209-36:20170329111927p:plain

赤枠内の情報がいわゆる「OEM情報」

今回公開するソフトは「システムのプロパティ」に表示される「OEM情報」を書き換えるツールです。

f:id:Chan209-36:20170329112819p:plain

わずか数ステップで書き換えが完了してしまう

通常この情報を書き換えるにはレジストリの操作が必要なのですが、ウィンドウのテキストボックスに項目を入力し、「反映」ボタンをクリックするだけで情報を書き換えることが可能です。

書き換えることができるのは

・製造元(メーカー名などを記述)

・モデル(型番、モデル名など)

・サポート各種情報(電話番号・営業時間・Webサイト)

・ロゴ

の6つです。

バックアップ&インポート機能も搭載

f:id:Chan209-36:20170329115400p:plain

書き換えはレジストリを上書きする形になるため本来のOEM情報が失われてしまうことになりますが、バックアップ機能を搭載していることで簡単に復元を行うことが可能です。

PCを譲渡する際やちょっとしたいたずらにも利用できますね。

(する人なんてほとんどいないと思いますが笑)

 注意点

元々OEM情報が存在していた場合、バックアップを取らずに編集すると元に戻せません!

元々情報が存在していた場合は必ずバックアップを取るようにお願いします...

筆者はいかなる場合でも責任を負いかねますのでご了承ください。

こんな人におすすめ!

・PCを譲渡する場合などサポート情報を書き換えたいとき

・ドッキリ(?)を仕掛けたいとき

一応書いてみましたけど特にお勧めする場面はないですね、はい。

 ダウンロード&仕様

f:id:Chan209-36:20170329225618p:plain

休日に何を思ったか急にソフトが作りたくなって作った突貫ソフトですが、使いようによっては結構使えるソフトだと思います。

興味があればぜひダウンロードしてみてください!

ダウンロードは下記のリンクからお願いします。

(今回から爆速アップ/ダウンロードで話題のNofile.ioでの公開としています。)

www.NoFile.io

 

仕様

作成者:Chansei

ソフトバージョン:1.1 (記事公開時点)

動作OS:WindowsVista以降 32bit/64bit

                  ※.net framework 4.1以上がインストールされていることが必須です。

開発環境:Windows10 Pro Insider Preview (64bit RS2/RS3)

     VisualStudio Community 2017 RC (.net Windowsフォームアプリケーション)

詳しくは同封しているReadMeファイルをご確認ください。

 

そろそろVistaがサポート終了ですね...記事書かなきゃ。

pckaden.blogmura.com